曼殊院  美の意匠を魅せる 寛永文化の結晶

今では、すっかり紅葉の名所となった洛北の曼殊院ですが、15年ほど前までは、訪れる人もそんなに多くありませんでした。樹々に縁どられた緩い坂道をまっすぐに上がっていくと、勅使門と淡青色の漆喰塀が見えてきます。

この門前は、もうそろそろ燃えるような朱の紅葉に彩られる、お気に入りの人が多いビューポイントなんですね。塀に刻まれた白い五筋は、代々皇族が跡を継ぐ宮門跡寺院の格式を、現在に伝えています。

f:id:kouhei-s:20191103113346j:plain

https://photo53.com/

1656年に良尚(りょうしょう)法親王が29代門主を継いだときに、今の場所に庭園建築が造られました。良尚法親王は、桂離宮を創建した八条宮智仁親王の次男です。この智仁親王の甥にあたるのが後水尾天皇で、1659年に曼殊院のすぐ近くに修学院離宮を造営しました。つまり、これらの三つの庭園建築は、ほぼ同時期に同じ血縁関係の皇族たちによって造られたのです。

そして、この王朝文化ただよう庭園建築は「京都の寛永文化」の結晶と言われていて、実は京都の歴史を理解するのに重要な意味を持ちます。

この文化は、宮廷サロン文化の特徴が色濃く反映されています。皇室・公家・武士・僧侶・茶人・文化人・芸術家など、あらゆる層が交流することによって生まれたのです。

f:id:kouhei-s:20191103113926j:plain

この頃、禁中並公家諸法度を通じて、これからは徳川幕府が政治統制を行なうことを、皇室に対して強く示されます。そのかわりに、後水尾天皇のもとに徳川和子(家康の孫)が入代したことによって、幕府からの皇室料の献上が増加、安定するのです。すなわち、幕府は皇室に対して、金をより多く出すので、口を出さないでくれという事なのでしょう。

その結果として、菊と葵の融合による潤沢な資金が、新たな文化交流に投入されました。
そして、この時期に、皇族の多くが格式の高い寺院の住職になっています。各層の人々が門跡寺院に出入りすることによって、重層的な交流が可能になり、さまざまな建築や芸術が誕生したのです。

寺社側からすれば、この頃、皇室から子女を迎えて格を上げ、戦国時代以降、荒廃するにまかせていた境内や伽藍を、それによって次々と復興させていきます。京都の寺社で、この時代に整備された所が多いのは、こういった理由によります。

f:id:kouhei-s:20191103114123j:plain
一連の流れの中心となったその人は、和歌や茶の湯など多才を発揮した譲位後の後水尾院です。
院は華道(立花)も好まれ、サロンでは、二代目・池坊専好が描いた写生図が数多く制作されていて、実に33回もの立花会が開催されているのです。

その寛永文化の結晶の一つでもある曼殊院には、国宝・黄不動尊、古今和歌集曼殊院本をはじめ、貴重な文化遺産が数多く遺されています。良尚法親王は曼殊院で、自ら手掛けたり収集されたりした書画、調度品に囲まれ、茶室「八窓軒」で茶の湯・立花・香道を友として37年間を過ごされました。

f:id:kouhei-s:20191103114235j:plain

https://www.manshuinmonzeki.jp/

そして、ぜひ見ていただきたいのが、京都画壇に一大勢力を形成した岸派の祖である岸駒(がんく)の作品です。良尚法親王の時代よりかなり後の、江戸時代中期に活躍した作家で、孔雀の間に描かれたこの襖絵は、見る人に衝撃を与える表現力の高い日本画です。

岸駒は、世襲親王家である有栖川宮にも非常に大切にされました。有栖川宮の家祖(初代)は、高松宮好仁親王ですが、後陽成天皇の第7皇子、すなわち後水尾天皇の弟です。

1788年に、京都で発生した史上最大規模の火災である天明の大火によって、御所が焼失しますが、その再興のときに障壁画の制作を指名されたのが岸駒です。彼もまた、時代を越えて受け継がれた宮廷文化に深く関わった、京都を代表する日本画作家のひとりなのです。