野宮神社  竹林にかこまれた 源氏物語の宮

天武天皇の時代いらい、華やかな宮廷に生まれ育った内親王・女王の中から、伊勢神宮に仕える聖女として、斎宮はえらばれました。国家の祭祀を担当する重責を負いながら、年若く、身清くして単身で伊勢におもむきます。
斎宮は、天皇の御手代(代理)として神祇(天の神と地の神)に奉仕したのです。

f:id:kouhei-s:20190919184633j:plain

天武天皇から後醍醐天皇のときまで行われていて、すべてで74人、年齢は2歳から30歳迄です。天武天皇の皇女である大来皇女(おおくのひめみこ)が14年とかなり長いほうで、平均では6・7年の期間でした。斎宮の解任は、現天皇の譲位・崩御、あるいは病の場合などで、本人の意思では有り得なかったのです。

斎宮となった内親王・女王は、えらばれた瞬間から、その生活は一変してしまうんですね。
まず人間としてのすべての生活から隔離されるため、住居の四面と門には、賢木に木綿をつけたものが立てられ、俗界から完全に区切られます。
その後、宮中に新しく建てられる初斎殿(しょさいでん)に一年住み、伊勢神宮に向かうまでの間、3年間をこの野宮(ののみや)の地で、禊と神拝の日々をすごします。

自分の意思による生活のない斎宮が、心身ともに聖女となる場所。それが、この嵯峨野の竹林に覆われた野宮だったのです。それは野宮神社の境内だけではなく、この付近一帯に、各時代ごとにそれぞれの野宮が存在していました。

f:id:kouhei-s:20190919184711j:plain

黒木の鳥居と小柴垣に囲まれた野宮神社は、あの「源氏物語」の舞台としても描写されています。日常的空間ではなく、黒木の鳥居がある神秘的空間として、野宮の風景は描かれているのです。
その場所で、光源氏と六条御息所は和歌を交わし、たがいの想いを胸に抱きながら、別れを遂げました。

光源氏、このとき23歳でした。彼女との別れは、彼を思慮の深さと誠意をそなえた大人の男に成長させました。年上の御息所は、源氏にはじめて出逢ったとき、いつか傷つく日がくるのを予感していたのです。

f:id:kouhei-s:20190919184742j:plain

娘が斎宮にえらばれた御息所は、共に伊勢へ下ろうとしていました。
源氏は御息所に別れを告げるために、野宮にむかうのですが、それは物寂しい道中の様子が描かれています。「はるけき野辺を分け入」るさなか、目にうつる花に華麗さはなく、耳にする虫の声も生命力を失っている。そして追い打ちをかけるかのように、薄暗い昼、松風が吹き荒れて、源氏はまるで闇の中を馬で駆けているようでした。

きっといてくれるはず。闇のむこうで、待っているにちがいない。悲しみを隠した笑顔で、迎えてくれるはずだ。
二度と会えない不安を振り払うように、源氏は「神々しう見わたされ」る場所、野宮へ向かうのです。