勧修寺    江戸時代の宮殿建築が並ぶ門跡寺院

京都には、皇室と深いつながりを持ち、存続してきた寺院が多くあります。いわゆる門跡寺院ですが、それがよく分かる特徴が、御所の旧建造物が移された堂宇です。勧修寺も、典型的な宮殿建築群で知られています。

古代から、あとを継承される天皇はただ一人です。その兄弟、姉妹である皇族が、すべて高い地位につくということは、やはり難しい状況でした。ですので、はじめから臣籍に下って、養子にはいったり、当時の特権階級である僧侶になることが考えられました。

有力な寺院は、広大な所領を持っているので、受け皿には余裕があり、皇族出身者を迎え入れました。それが門跡制度です。寺院側からしてみれば、皇室の権威を飾り、天皇と縁故を持てるメリットがありました。門跡寺院天台宗真言宗の寺院に多く見られます。

f:id:kouhei-s:20190228225657j:plain

勧修寺も門跡寺院として代表的なひとつで、900年に醍醐天皇によって建立された、真言宗山階派大本山です。南北朝時代後伏見天皇の皇子である寛胤(かんいん)法親王が入寺して以来、宮門跡となり栄えます。そして、1682年に霊元天皇の皇子、済深(さいじん)法親王が寺の長である時に、勧修寺の現在ある建物のほとんどが建てられました。

霊元天皇と大納言小倉実起(さねおき)の娘の間に生まれたのが、一宮すなわち済深法親王です。霊元天皇は長男である一宮を寵愛し、ゆくゆくは皇太子にするつもりでした。しかし、しばらくして天皇は、側近の公家などの干渉もあり、五宮すなわち朝仁親王を皇太子に立てます。

霊元天皇は11才になった一宮を大覚寺に出家させようとしますが、一宮は「出家はいやや」と泣いて抵抗しました。なんと、祖父である小倉実起は一宮の抵抗を助ける為に兵を出し、天皇の怒りを買い佐渡に流されます。騒ぎが落ち着いた後、一宮は勧修寺に送られ剃髪し済深法親王と名乗ります。

それから5年後、朝仁親王東山天皇として即位されて、翌年は元禄と改元されました。この時、済深法親王18才になり立派に成長され、二品に叙せられ東大寺別当に補せられました。京都、山科の地では、済深法親王のおかげで、勧修寺はいまもその法灯を守られていると語り継がれています。