平安神宮    再現された ありし日の平安京

f:id:kouhei-s:20190206230731j:plain

小説「古都」の冒頭で、千重子は真一と平安神宮のしだれ桜の前で待ち合わせをします。千重子は桜を見て、京都の春に出会ったと感じます。桜の見どころで有名な平安神宮は、明治28(1895)年に創建されました。

平安遷都千百年祭の記念殿として建てられましたが、第四回全国勧業博覧会も同時にここで開催されます。本当は、この2つの記念祭は前年の明治27年に開催される予定でしたが、この年に日清戦争が起こって記念祭どころではなくなりました。ところが、翌28年2月に日本が戦争に勝利したので、1年延期された記念祭は盛大に行われる事になります。

そして、この延期によって平安神宮の設計は大きく変わりました。
はじめの計画は、平安時代の頃の、大極殿を中心に朝堂院12堂すべてが並ぶ再建計画でした。ですが、朝堂院の門である応天門と、正殿である大極殿だけの再建になってしまったのです。また、大きさも、原寸どおりにするはずが、8分の5に縮小されました。最初の再建計画の平安神宮が建てられていたならと思うと、本当に残念でなりません。

f:id:kouhei-s:20190206230706j:plain

それでも、この神社の壮大で優美な構造は、日本の他の神社では類のないものです。平安神宮の社殿は、平安京を偲ぶために造られたのであって、決してパビリオンやアクセサリーではありません。現実に平安京がこの世に再現したように感じさせるために、境内の管理や手入れも実によく出来ています。

ありし日の平安京、王朝文化の建物のデザインの特徴を感じさせる、朱丹の柱、瑠璃の瓦、白亜の壁。その中でも碧瑠璃(へきるり)の瓦は日本の他のどこにも見られません。赤焼の瓦に、酸化銅のはいった緑釉をかけたものです。平安京のほとんど主な建物がこれで葺かれていました。唐を意識した大陸文化を取り入れた造りですが、高度な技術と大きなコストを必要としました。隣国、唐を当時の平安貴族は常に意識していたのです。