法観寺ー八坂の塔  傾いた五重塔を真っ直ぐに戻した住職

f:id:kouhei-s:20190129185656j:plain

祇園・八坂神社前の東大路という大通りから、路地(ろおじ)を曲がると八坂の五重塔が目の前に迫ってきます。法観寺という臨済宗建仁寺派の塔頭の一つです。
※ 京都では(ろじ)と言わず(ろおじ)と発音します。

法観寺に伝わる「仏舎利塔記」によると、聖徳太子は四天王寺を建てる為に用材を求めます。そして、山城国のこの場所を訪れました。まだこの地は、うっそうとした大樹がそびえる深い山でした。この時、太子へ如意輪観音からここへ寺を建設するように夢告があります。そこで太子は、ここに五重塔を建て仏舎利を安置することにしました。崇峻天皇の時代、589年のことですので、法観寺は京都でいちばん古い寺ということになります。

創建以来、何度も火災により焼失しましたが、その度に再建され、現在の塔は1440年に足利義教(よしのり)によって再興されたものです。
江戸時代までは、この八坂の塔は、五層まで上って街の遠望を楽しむことが出来ました。高さは44メートルですが、地盤が東山のすそ野に建てられていますので、かなり見ごたえがあったでしょう。

八坂の塔といえば、思い出されるのが浄蔵(じょうぞう)という僧の存在です。
村上天皇の時代、952年3月、浄蔵法師は法観寺の住職でした。この時、東山へ遊行に来ていた花見客たち数十人が騒いでいました。八坂の塔が北西の方向、すなわち王城のほうへ向かって傾いたからです。

これは不吉な兆しと、浄蔵法師は祈祷をはじめます。それは亥の刻(午後10時)のことでした。すると、強風が吹き荒れ、雷鳴がとどろき、鈴が鳴り響き、大地が大きく揺らぎはじめたのです。
翌朝、弟子たちが塔の前に出て仰ぎ見上げると、塔は真っ直ぐになっていました。京の人々は争って合掌し、この奇跡を喜びます。

と、まあ、この様なストーリーにキャスティングされる浄蔵法師とは、どういう人物だったのでしょうか。
浄蔵は三善清行の息子です。三善清行は菅原道真とほぼ同時代の文章博士で、醍醐天皇の時代に活躍しました。浄蔵の母は嵯峨天皇の孫で、天人が懐の中に入り、浄蔵を身ごもったと伝えられています。

4才にして千字文を読み、7才にして出家し、12才で宇多上皇の仏弟子となり、熊野や比叡山で荒行を行います。あらゆる才能を持って、法力で難病を治し、死者を蘇生させ、災害を予言しました。堀川一条戻り橋で、父の清行を蘇生させ、村上天皇の中宮も加持祈祷で蘇生させます。
なるほど、彼なら傾いた八坂の塔を真っ直ぐ戻してくれるはずです。