本法寺  長谷川等伯 波龍図  一滴の水で天に昇る

室町時代に創建された本法寺は、さまざまな法難に遭いながらも正面から立ち向かい、
ねばり強く布教を続けた日蓮宗の本山であり、京都市民たちが誇る名刹です。

本法寺のある京都・洛中には、今も伝わるこんな逸話があります。
桃山時代、盗賊・石川五右衛門が本法寺に盗みに入ろうとしたときに、何やら話し声が聞こえてきたので、おもわずそっと奥の部屋をのぞきこみます。
そこで目にした、千宗旦と10世貫主・日通上人の二人の会話、茶の湯の作法があまりにも清新で美しく、つい見惚れた五右衛門は泥棒に入るのをやめてしまったそうです。

f:id:kouhei-s:20200428171557p:plain

また、その同じ桃山時代に本法寺と深い関わりを持つ、卓越した画才を発揮した絵師がいました。
北陸・能登七尾から京都へ上洛してきた長谷川等伯です。

等伯は能登に住んでいたときに、彼の宗旨である日蓮宗の寺に出入りをして仏画などを描いていました。30歳をすぎた頃に養父母を亡くした等伯は、本法寺をはじめとする日蓮宗の寺を頼って京都を目指します。

「狩野派がなんぼのもんじゃい。」幼いころから絵の才能に恵まれていた等伯は、都にのぼって、なにがなんでも一流の画家になりたいという野心を強く抱いていたのです。

等伯の素描の何枚かを目にした本法寺の日通上人は、すこし体が震えるのを感じました。
なんだこれは。ぼやぼやしている間はない。この尋常ではない才を一刻も早く世に知らしめなければと、堺に向かって走り出します。

堺(大阪府堺市)出身の日通上人をつうじて、千利休をはじめとする超富裕層の堺人脈に連なる人々から、等伯は多大な支援を受けることができました。そして、そのバックアップを得た彼は、次々に実力を発揮し、狩野派が全てを仕切っていた京都画壇のなかに果敢に割り込んでいくのです。

等伯が優れた作品を描くとき、それは芸術品として魅せるだけではなく、人々に何かを語り掛けるとき。そう、まるで混沌とした社会に向けてメーセッジを送るかのように。彼の作品にはそれがはっきりと表れていると、日通上人はいまに伝えています。

f:id:kouhei-s:20200428171657j:plain

非公開文化財特別公開でしか見ることのできない本法寺所蔵作品、長谷川等伯筆【波龍図屏風】
その作品を目の前で見る衝撃、それは体のなかを稲妻が駆け抜ける最高傑作です。

龍は空想上の動物ですが、それを描くことは非常に深い意義を持ちます。縁起の良い象徴であると同時に、「善因善果、悪因悪果」という因果応報を表しているんですね。

そして、龍は一滴の水があると天に昇ると言われています。それは、些細なきっかけでも良い兆しがあれば、一気に大きくなって天に舞い上がることを意味するのでしょう。
諸々の争いごとや、人々を苦しめる流行りの病が絶えない時世にあっても、一滴の水をもとめて等伯は制作に挑んだのです。

f:id:kouhei-s:20200428171746j:plain