万福寺  布の大きい袋に理屈も知識もしまい 笑う布袋さん

日本のなかの中国といわれている、宇治にある万福寺。禅宗は臨済宗、曹洞宗、黄檗宗(おうばくしゅう)と三宗ありますが、万福寺は黄檗宗の大本山です。
宗祖は、中国の明末の禅僧だった隠元隆琦(りゅうき)で、1661年に開かれました。

明の様式をそのまま受け継いだ万福寺の境内は、今でも中国式の読経や作法が行われていて、隠元禅師が仏教と共にもたらした、食べ物や芸術の文化は日本に深く根づいています。

f:id:kouhei-s:20190622105933j:plain

隠元禅師は、1592年に福建省で生まれ、1654年に62歳で来日しました。この来日のさいに禅師は、工匠や彫刻家など多くの人を伴いましたが、彼らは、建築や彫刻、文学、医学といった文化を日本にもたらします。インゲン豆やスイカ、レンコンなどはその時に伝えられたものです。

禅師は、1658年に江戸で、徳川四代将軍、家綱に会います。強烈なカリスマ性を禅師に感じた家綱は、山城の宇治領400万石をあたえ、万福寺を開くことを認めます。また、後水尾天皇、大老酒井忠勝、堺を中心とする貿易業者などに強い信望を得て、関東にもその宗風は伝わりました。

三門の奥に天王殿がそびえていますが、これはラマ教寺院の影響を受けた建物です。万福寺の信仰はもちろん禅宗ですが、その教えのなかには、ラマ教的要素も儒教的要素も取り入れられています。

そこにいるのは、金色に輝く、でっぷりお腹で笑っている布袋像です。像の周りは色鮮やかな仏具や供物で飾られ、堂内の四方には、四天王が配置され、背面には禅宗の守護神の韋駄天像(いだてんぞう)が祀られています。

f:id:kouhei-s:20190622110045j:plain

布袋は唐時代に実在した人物で、布の大きい袋に理屈も知識もしまいこんで、町のなかに瓢々と暮らしていました。吉凶や天気を予知して、いつも、迷い多き人々を救おうと、でぶなのに走りまわっていたそうです。

皆は、明るい顔と、少し、でぶっちょの健康そうな布袋の姿を見かけると安心しました。お医者さんでも、やせた人より、太った人のほうが安心なのと同じ感じでしょうか。

やがて布袋は、弥勒菩薩の化身といわれ、人々に崇め、やがて祀られるようになります。布袋像とは、迷うことが多い、日々の暮らしのなかを生きる人たちに、真の幸福をあたえる仏の大きな慈悲の姿なのです。