広隆寺  微笑み弥勒 泣き弥勒 ふたつの半跏思惟像  

広隆寺の歴史は推古天皇の時代、603年に秦河勝(はたかわかつ)が聖徳太子から、一体の仏像を賜り、それを本尊として寺を建立したことから始まります。
広隆寺のある太秦(うずまさ)という地域は、有力氏族である秦氏が支配していました。

f:id:kouhei-s:20190615135355j:plain

京都フリー写真素材集

秦河勝は、始皇帝の14代の孫で、聖徳太子に認められ、太子が制定した「冠位十二階」の第二番目の階位である「小徳」に到ります。これは、太子が、河勝の持っている経済力を、自身の政治に必要としたからでしょう。また河勝も太子の傍にいて、常に太子を守護していました。

f:id:kouhei-s:20190615135500p:plain

河勝が太子から賜ったという仏像は、「宝冠の弥勒(ほうかんのみろく)」といわれる半跏思惟像(はんかしいぞう)です。
昭和26年に、国宝の第1号に指定された仏像で、多くの訪れる人たちのお目当てはこちらでしょう。高さは約123センチ、台座に腰掛け、片足だけを下までおろし、細い胴体を斜め前に傾け、右ひざにひじを立てて、右手をそっと頬のあたりに当てています。

そして、顔には静かに笑みを浮かべていますが、これはアルカイック・スマイルと呼ばれています。この微笑みに出会うために人々は広隆寺を訪れ、来世仏としての弥勒を拝することによって、永劫の未来に生きる希望を発見してきました。その前に何時間もたたずんでいる人もいます。それは、平和で、温和な、すべてをゆるし受け入れてくれる、親しみのもてる仏さまです。

河勝は、太子が一番つらい時期に、常に側ににいたといわれています。「窮地に追い込まれたときに、何故か近くにいてくれる、それが本当の味方やねんなぁ。」太子はそう思いながら、微笑み弥勒を河勝に渡したのでしょう。

そして、国宝の弥勒菩薩半跏思惟像はもう一体あります。泣き弥勒とよばれる「宝髻の弥勒(ほうけいのみろく)」です。大きさは宝冠弥勒の4分の3くらいで、泣いているような表情から泣き弥勒とよばれ、今度は、河勝が太子のために仏師に造らせたものです。

この仏像はめずらしく、天衣と裳裾(もすそ)の一部は皮で作られ、その上に漆が塗られています。数多い仏像の中でも、そんなものを纏っている姿は見たことがありません。これは、木地、漆をつかさどった秦氏の職能と大きく関係しているのです。

寺伝の「絵縁起」によると、「この尊像は、常に光を放つ。この仏を尊崇する人々は必ず効を得る。」とあります。偉大なる人、聖徳太子も最後には、その理想は挫折し孤独になり、さびしく天に帰りました。河勝は、太子の理想の挫折を、泣き弥勒を造ることで表現し弔ったのです。