鴨川   歌舞伎発祥の地 突っ張ることがたったひとつの勲章だった

平家物語の巻一に天下三不如意という逸話があります。
絶大な権力を持った白河法皇が、「かも川の水、双六の賽(サイコロの目)、山法師(延暦寺の僧)、是ぞわが心にかなわぬもの」と嘆いたというのです。それくらい、かも川の水は何度も氾濫し、大雨が降るたびに、京都の人々を不安にさせました。江戸時代初期、護岸の石垣工事が施工されたときに、やっと川として管理されるようになります。

f:id:kouhei-s:20190527213344j:plain

鴨川とは、大原方面から南流する高野川と、雲ケ畑から南下する賀茂川が、下鴨神社のところで合流してから、南の下流で桂川にそそぐまでのあいだのことをいいます。
江戸初期のころは、川幅もかなり広く四条、五条付近では、いまの河原町通りが西岸で、大和大路が東岸でした。ですので、鴨河原も広く、芝居・能楽・舞踊などの見物小屋が並んでいました。

1603年、鴨川の四条河原で、出雲大社の巫女(みこ)といわれる阿国(おくに)は、若い女子のグループにそろいの小袖を着せて、念仏踊りを興行します。これは、大成功をもたらし、八坂神社、北野天満宮、五条河原などでも公演され、京都の交通のさまたげになり幕府から問題視される程でした。まさに、桃山時代から江戸初期にかけての、民衆の解放と平和への歓喜が押し寄せていたのです。

やがて、女子は男装して出演するようになり、ストーリー仕立ての物まね狂言とよばれる劇を演じます。それが、遊女歌舞伎(女)、若衆歌舞伎(男)となり、風紀上の規制から野郎歌舞伎(男)になるのです。
しばらくすると、女形(おやま){女装の男優}ができて、歌舞伎の形が完成しました。まさに、鴨川の四条河原は歌舞伎劇発祥の場所で、四条大橋の東詰めには阿国の記念碑があります。

能狂言を正統な劇と考える立場から、演劇ではそれに対する変則的なものという意味で、歌舞伎といわれたのでしょうか。歌舞伎とは宛字で、もともとは傾く(かぶく)の意味で、尋常ではないもの、ストレートではないものという意味です。

この頃、京都にかぶき者といわれた男伊達の野郎たちがいました。派手な着物を身にまとい、長い刀、長いキセルを持って、町を闊歩していました。
世に媚びず、かたくなな自分だけを信じて生きる。突っ張ることが、たったひとつの勲章だったのです。