妙心寺  最大の宗派になった「そろばんづら」

妙心寺は京都、花園の地に広大な境内を持ち、町の日々のたたずまいの中にとけこんでいます。
500メートル平方の境内の中は、北の門から南の門まで、誰でも自由に通り抜けることが出来ます。自転車で走り抜ける人や、ゆっくりと歩いてくる人。
静かな石畳の道はまさに近隣の住民の生活道路のようで、三門、仏殿、法堂、方丈、庫裏、など直線にならぶ伽藍群の先には、青い空が大きくひろがっています。

f:id:kouhei-s:20190519112335j:plain

日本の臨済宗には14派の本山があります。このブログでもご紹介しました、南禅寺、東福寺、天龍寺、建仁寺など有名な本山が多くあり、そのすべての系列には約6000の寺院があります。
その内の半分以上、3500寺は妙心寺派の寺院で、寺の数でいえば、妙心寺派は他の宗派を全部合わせる程の宗勢を拡張してきました。

妙心寺は、1337年に花園法皇の要請を受けて、関山慧玄(えげん)が開山した、ささやかな寺でした。それが、今では臨済宗を代表するような巨大な宗派の本山になったのは何故なのでしょうか。

妙心寺は、応仁の乱で大徳寺や天龍寺と共に灰燼に帰しました。その、苦境にたった妙心寺を再興させたのは第六祖の雪江宗深(せっこうそうしん)です。雪江は建物を再建させただけではなく、僧のありかたや組織のありかた、そしてなによりも、経営のありかたを細かく規定して、妙心寺の新しい発展の基礎をつくりました。

妙心寺を支える農民とのつきあいを大切にし、法門を広げる。それなくして禅の発展はないと、彼はすべての門下の禅僧に命じました。また、寺院においては、なによりも経営を大切にし、厳重な会計制度を実施して本山のみならず、地方の末寺の経済も安定させます。それを、受け継いだのが四派とよばれる景川、悟渓、特芳、東陽の4人の住持です。四派は地方に末寺を増大させ、宗勢を飛躍的に拡大させました。

妙心寺は、大徳寺のように美にふけり茶におぼれることを厳しく警戒しました。金融システムや共済システムを構築し、質素倹約を実行する。いつの頃からか、京都の人々から「妙心寺のそろばん面(づら)」と呼ばれるようになりました。

ちなみに、大徳寺は「ちゃづら」、南禅寺は「ぶけづら」、東福寺は「がらんづら」、建仁寺は「がくもんづら」と呼ばれています。