三十三間堂  千手観音像に守られた奇跡のお寺

750年前から守られてきたお堂

蓮華王院・三十三間堂は、長さ125mの仏殿の中に1001体の千手観音像が整然と並ぶ、国宝の宗教建築です。

住んでいた法住寺殿の中に、後白河院が平清盛の力を借りて、長寛2(1164)年に建立しました。

観音の力で人々が救われる浄土を、後白河院はこの世に作ろうとしたのです。

f:id:kouhei-s:20200727172344j:plain


千手観音の正式な名称は十一面千手千眼観世音菩薩といいます。つまり、千の眼をもって、世の人の苦難を見、千の手をもって、世の人の苦難を救う仏です。

人々が救いからもれてはいけないので、なるべく多くの手、すなわち千の手を持っているのです。

観音は33の姿に変身して現れ人々を救います。そのゆかりからお堂の内陣の柱の間数が33あり、三十三間堂と呼ばれるようになりました。

内部は極彩色の文様で彩られ、外部の柱や梁(はり)も朱で塗られた色鮮やかな建物だったのですが、建長元(1249)年に炎上し、跡形もなくすっかり焼失してしまったのです。

ですが、中にあった仏像の千手観音像156体と二十八部衆は無事救出されました。

f:id:kouhei-s:20180821212753j:plain

その後、後嵯峨院が文永3(1266)年に再建するのですが、その時協力したのが、東山九条にある東福寺を建立した九条道家と仏師湛慶です。

最初の創建から100年もたっているのですから、当然、後白河院も清盛も何処にもいないのです。

でも、その再建された三十三間堂は、現在まで約750年の長きにわたって大切に保存されてきました。

東山七条という都の中心地にありながら、兵火をくぐり抜けて建物が守られてきたことは、まさに奇跡なのでしょう。

十一面千手千眼観世音菩薩像

1001体ある観音像ですが、本尊の千手観音座像を真ん中に、千手観音立像が左右500体づつ分かれて並んでいます。

この内、運慶(うんけい)と、子であり弟子である湛慶(たんけい)の作が120体入っていて、本尊は湛慶の制作になります。

残りの諸仏は、康円(こうえん)、康清(こうせい)など、南都仏師団が総力をあげて制作しました。

なぜ1001体もの千手観音像があるのかというと、やはり、数の信仰からなのでしょう。

この時代、仏像は一体でも多く造れば造るほど功徳が高くなると信じられていたのです。

f:id:kouhei-s:20200727172453j:plain

悪魔のチカラ身につけた二十八部衆

1001体の千手観音菩薩を守護するために、前方には二十八部衆が厳然と鎮座しています。

元和2(1616)年に、三十三間堂を訪れた英国東インド会社の平戸商館長のリチャード・コックスは、まるで悪魔が並んでいるようだ、これほど魅力的な像は見たことがない、世界の七不思議に選ばれるだろうと、絶賛しました。

俵屋宗達の国宝屏風の題材となった風神雷神像。武将をモデルにした五部浄。貴族を模したといわれる帝釈天。

さらに、庶民の老人や老女の姿をした婆藪仙人(ばすせんにん)や摩和羅女(まわらにょ)など。

憤怒の形相に造られた悪魔像たちは、個性的な姿で千体仏の単調さを救うように、訪れる人々を魅了しています。

もうひとつの三十三間堂

この東山七条の三十三間堂には、母胎となる同規模クラスの宗教施設がありました。

それは、1132年、平清盛の父・忠盛が鳥羽上皇のために建立した得長寿院(とくちょうじゅいん)です。

岡崎の地に建てられた、このもうひとつの三十三間堂は、蓮華王院と同じように正面の柱間が33あり、内部には本尊・十一面観音菩薩像、その左右には等身大の聖観音菩薩が500体づつ安置されていたのです。

そして注目すべきは、その1000体の聖観音菩薩の胎内に、さらに各1000体の小さな仏像が納められていたことです。

つまり、得長寿院には大小含めて、100万体の観音がいたことになるんですね。

ですが、この100万体いた三十三間堂のほうは、1185年の大地震で倒壊し、残念ながら再建はされませんでした。

このとき発生した元暦の大地震は、「在々所々、堂舎塔廟、一つとして全からず」と記録に残るほど、凄まじい被害を京都市中に及ぼしました。

法勝寺以下の院政期のほとんどの文化財は、一旦、この時に大打撃を受けていたのです。