寂光院  大原の里と建礼門院 貴女の笑顔が見たいから

聖徳太子が、父・用明天皇の菩提を弔うために、自ら造った地蔵菩薩像を安置して開創したと伝わる寂光院は、洛中から十数キロ離れた、緑深い大原の里にたたずんでいます。大原には太子が創った寺院が数多く有り、実光院の地蔵菩薩や、通称蛇寺の阿弥陀如来も太子刻の伝承を持ちます。

それは、大原の里がかつて小野郷と呼ばれていて、太子に仕える小野妹子の領地だったからです。太子に絶対の信頼を得ていた妹子は、自分の領地に太子開創の寺院を次々と建立させていったのです。

f:id:kouhei-s:20191013122549j:plain

京都でも有数の観光地となった大原は、街道をはさんで右へたどれば三千院、左へ草生川に沿って歩いていくと寂光院や大原温泉があり、大勢の人たちで賑わっています。
それでも、紫蘇(しそ)畑のあるのどかな田園風景は広がっていて、その名の如く「寂」の「光」が、新緑や紅葉に照り映えた風雅な趣を、見事に醸し出しているのです。

京都三大漬け物のひとつである「しば漬け」は、この赤紫蘇畑の紫蘇を使います。もともとは冬場の保存食で、キュウリかナスをミョーガ、赤紫蘇で漬け込みますが、夏に漬けて2、3ヶ月後のちょうど今、10月くらいが、いわば旬となり新漬けを味わうことができる時期になります。

f:id:kouhei-s:20191013122808j:plain

寂光院が有名になり、今もなお訪れる人たちが絶えないのは、ここに建礼門院が住んでいたからなんですね。建礼門院徳子は、平清盛の娘に生まれて高倉天皇の后となり、安徳天皇を生みました。

ですが、治承5(1181)年2月4日、平清盛が64歳の生涯を閉じます。その4年後、平家は壇ノ浦の戦いに敗れ、西海で滅びましたが、徳子だけは敵方の源氏によって救い出されました。
わずか3歳の愛する我が子である安徳を失い、この世に留まってしまった徳子の苦悩は計り知れないものでした。

徳子は、出家して寂光院に入寺して、36歳で生涯を終えるまでの8年間をここで過ごし、一門の菩提を弔うのです。徳子が寂光院に入ったのは、侍女の阿波内侍(あわのないし)の招きがあり、訪れた時にいたく気に入ったからでした。

大原は、「大原女」(おはらめ)という独得な風俗の、頭に黒木を載せた女性の姿が有名ですが、これは徳子の身のまわりの世話をしていた阿波内侍の、山仕事をするときの衣装を模した姿なのです。

f:id:kouhei-s:20191013122841j:plain

阿波内侍は、信西(藤原道憲)の孫で寂光院と深い縁がありました。内侍は、悲しみで心を痛めていた徳子を慰めるために、この人里はなれ静寂に包まれた寺に、お誘いしたのでしょう。
大原の里の人たちは、思いがけない訪問客にざわめきます。あの皇后さまが、寂光院に入寺されお住まいになられるかもしれないと。

そして、徳子が抱いている心の傷の深さを、大原の里の人たちは知っていました。
だから、美味しいものを食べて少しでも元気になってもらおうと、みんなで工夫して、漬け物造りに励みます。

「しば漬け」は、そんな思いがこめられて造り出された漬け物なのです。買ってきたお弁当の中に赤いしば漬けを見つけると、なぜかほっと、安心するのはそういう理由からなのでしょうか。