2019-06-15から1日間の記事一覧

広隆寺  微笑み弥勒 泣き弥勒 ふたつの半跏思惟像  

広隆寺の歴史は推古天皇の時代、603年に秦河勝(はたかわかつ)が聖徳太子から、一体の仏像を賜り、それを本尊として寺を建立したことから始まります。広隆寺のある太秦(うずまさ)という地域は、有力氏族である秦氏が支配していました。 京都フリー写真…