嵐山  Captain of the Ship  お前が舵を取れ

鎌倉時代、後嵯峨上皇が仙洞亀山御所を造営するときに、吉野の山桜の苗木を大量に移植します。この桜が満開になったとき、一陣のつむじ風が吹き、花びらが嵐のように飛び散りました。それを見た上皇は、御所のあるこの山を「嵐山」と命名します。以降、王朝貴族によって、この嵐山一帯の場所は大切に保護されてきました。

f:id:kouhei-s:20190814141616j:plain

もともと平安時代から、京都のお公家さんは船遊びを好み、宇治川・桂川は格好の場所だったのです。邸内にも大きい池を造って船を浮かべ、詩・歌・管弦を船中で興行することによって心を満たしていました。そして、嵐山のある桂川は、御所からも適当な距離でしたし、周囲の景色が大和絵風の構図のようだったので、特に王朝趣味の本質に合致していたんですね。

古くは、桓武天皇いらい何度も行幸があり、円融天皇(在位969〜84年)のとき以後から詩歌管弦の船遊びがさかんに行われていました。まさに、はんなり、風光明媚な雅の世界がそこにあったのです。

それから江戸時代まで、皇族や貴族から遊行の地として注目されてきたこの嵐山でしたが、それとは全くちがう捉え方で嵐山の景色を見る一人の朱印船の船長がいました。

彼は、かわる代わる京都に現れた信長・秀吉・家康という権力者の交代をみてきました。
時代は激しく動いているのです。
「はんなりとか、そんなんは、もうええちゅうねん。」その男は、嘆きます。

慶長9(1604)年、角倉了以(すみのくらりょうい)は大堰川(桂川の嵐山から上流)を開さくし、丹波(京都府北部)から京洛への物資の運搬を容易にして、洛中の京童たちの生活を一変させます。

老の坂という山中の路を、ゆっくりと運ぶしかなかった丹後・丹波の米や生糸・木材は、船便でスピーディに運ばれることで、たちどころに京洛へ到着することになります。洛中は大消費都市でしたので米や薪の価格は下落しました。その結果、人々の暮らしを豊かにさせたのです。

原料が安く手に入るようになった京の織物は発展し、米が安価になったので酒の生産は増加しました。そして、その製品は了以が開通させた高瀬川によって大坂にも運ばれ、利潤となってまた京へ戻るのです。

大堰川の開さくは、並大抵の工事ではありませんでした。川端にある大石は、網をかけロクロでひいて除きます。水中にあるものは、船の上に櫓をつくって、鉄棒に長い柄をつけたテコを使い、石を持ち上げほうり投げます。何十人もの、つわもの達で取り掛かりました。

炎天下の中、あまりにもきつい作業のため、力尽きてそのまま倒れ下流に流される者もいました。ですが了以のもと、皆は一丸となり決してあきらめません。
そして、8月のうだるような暑さの中、工事が完成します。男たちが吠えつづけた歓喜の声は、大堰川の空に響きわたりました。

 

f:id:kouhei-s:20190814141702j:plain

了以は、ベトナムに船を出し、いわゆる朱印船の交易を行っていました。角倉船とよばれる800トンの朱印船には、390人の乗組員たちがいて、この巨船は慶長8(1603)年から31年間、息子の代まで17回もベトナムを行き来します。

了以は船長として、立ちはだかる波のうねりを受けながら舵を取り、大海原を進んでいきます。
ときには、横なぐりの雨に頬を突き刺され、ときには、焼けつくような日差しを浴びながら。
さまざまな災いが、容赦なく彼の頭上に降り注ぎます。
それでも、彼は前に前に、ただ前に突き進んでいく。そして、己自身に言いきかせます。
お前が決めろ。お前が舵を取れ。そう、俺こそが Captain of the Ship。