落柿舎    松尾芭蕉が訪れた嵯峨野の里

落柿舎は、嵯峨野の里にある茅葺の小さな庵(いおり)です。
松尾芭蕉の古くからの高弟である向井去来(きょらい)の別荘でした。

紀行文『奥のほそ道』で有名な江戸時代の俳諧師・松尾芭蕉は、1689年にはじめて落柿舎を訪れますが、その2年後再び訪れたときに『嵯峨日記』を完成させています。ちょうど初夏のころで17日間滞在し、緑の嵯峨野や嵐山を巡り記録しました。
その縁から落柿舎は俳諧の名所となり、芭蕉や去来をしのんで多くの人々が集まり賑わっています。

f:id:kouhei-s:20190721142645j:plain

実は、去来が結んだ庵はどこにあったのか、その正確な場所は特定されていません。
いまの落柿舎は、去来の「柿主や梢はちかきあらしやま」の句の趣にもっともふさわしい場所として選ばれ、明治期に復元されたものです。

去来から数えて、落柿舎八代目の柏年(はくねん)が、ここに住みはじめましたが、去来の俳諧の精神は、場所が変わっても脈々と受け継がれてきました。そして、この嵯峨野の里は、芭蕉が多くの俳人と交わり『嵯峨日記』がのこされた記念すべき遺跡なのです。

去来の『落柿舎の記』には、自身の別荘を落柿舎と名付けた理由が記されています。
その古い家のまわりには40本の柿の木がありました。その木がたわわに実をつけているのを見て、ある商人が柿の実を譲ってほしいとお金を置いて帰ります。ところが、その夜のうちに柿の実は、ほとんど落ちてしまいました。

翌朝、商人が来て「なんやこれは。ぜんぶ落ちてるやないか、怒るでほんまに。」とクレームになったので、去来はにっこり笑って、受け取ったお金を商人に返しました。この柿は落果しやすい柿だったのでしょう。普通の人だとそんな悪い柿の木は処分しますが、去来は面白がって落柿舎と自分の庵号に名付けました。ここに去来の俳諧の精神が表現されています。

f:id:kouhei-s:20190721142824j:plain

これは松尾芭蕉も同じで、植物の芭蕉は、材質は役立たず、葉は雨風にすぐ破れます。つまり、無用の植物である芭蕉を愛し自らの名前にしました。人が無視したり無用とみなすものを、面白がってむしろ大切にする。もっと心を震わせてそこにあるものをとらえる。師弟の共通したこだわりだったのでしょう。

芭蕉は晩年、つまり『奥のほそ道』の旅以降は故郷の伊賀や京都・大津で過ごすことが多かったようです。点取り俳諧ばかり流行っている江戸に嫌気がさしていた芭蕉は「とくに新しいこともなく、友なきを友とし、ぜんぜん面白くない。」と、いらだちと孤独の日々を過ごしていました。そんな芭蕉にとって、心のままにのびやかな気持ちにさせてくれる場所が、去来の住む落柿舎でした。京都を訪れるとそこに待っているのは、世間を超越した俳諧サロン、そして「我家の俳諧にあそぶ」楽園だったのです。