東寺     都会のビル群にそびえる五重塔

真言宗総本山、東寺(教王護国寺)は794年の平安遷都にともなって建立された密教寺院です。823年に弘法大師・空海が嵯峨天皇より賜りました。平安時代の雰囲気を今でも色濃く残していて、空海にまつわる数多くの貴重な文化財が、1200年にわたり大切に守り続けられています。

f:id:kouhei-s:20190329213457j:plain

そして、京都市内のビル群の中に、五重塔が幽玄的な雰囲気でそびえ立っていて、その57メートルの高さは、現存する五重塔では日本一の高さを誇ります。この東寺のシンボルともいえる五重塔ですが、初めて完成したのは空海入滅後の883年頃と伝わります。その高さゆえに建立されてから度々の落雷にあい、現在ある塔は五代目の1644年に徳川家光によって再建されたものです。

京都ではこの家光の政権時代に再建された寺院は多く、それも、注目度の高い大寺院によくみられます。この五重塔の他では、清水寺の本堂・延暦寺の根本中堂・知恩院の御影堂など、世界遺産も多く含まれ枚挙にいとまがありません。

権力はうつろいやすく民衆のエネルギーは巨大であることを家光は心得ていました。徳川幕府の武威と権勢を、朝廷のある都の民たちに見せつけながらも、その民心をつかみ取らなければなりませんでした。家光に必要だったのは、この国宝の建築群だったわけではなく、それを支持する民心だったのです。

f:id:kouhei-s:20200621224102j:plain

五重塔を除く東寺の中枢部の伽藍が焼けたのは、長い歴史の中でただ1回です。1486年、足利幕府の統治力の低下とともに、京都周辺でも土一揆が起こりました。幕府の追求を逃れるために、東寺が持っていた守護不入の特権に目をつけていた反乱軍は、この頃、境内を本拠にすることがたびたびあったのです。

1486年8月24日、京都市下京区五条を中心に起こった徳政一揆で、民衆軍が東寺にたてこもったために、細川政元の軍勢が鎮圧に向かいます。9月13日に境内で火災が発生し、金堂・講堂などほとんどの伽藍が焼失しました。

この時、講堂には立体曼荼羅である21体の仏像が立ち並んでいました。空海によってつくられた、密教の世界を表現した凄まじい迫力の仏像群です。このうち5体の如来と金剛波羅蜜多菩薩を除く、15体は奇跡的に焼失をまぬがれ国宝に指定されています。

一度焼けた大寺院を復興するのは、建築を新たに建造するよりも難しいことです。東寺はこの火災のあと、ほとんど全ての伽藍が再興されましたが、配置もほとんど変わっていないので、歴史的に非常に重要な遺構といわれています。貴重な金堂や講堂がその後の人々によって大切に遺されたのは、偉大な弘法大師・空海、すなわち弘法さんのおかげなんやでと、洛中では今でも親から子へと語りつがれているのです。