桂離宮   琥珀の月が照らす日本庭園

f:id:kouhei-s:20190222225857j:plain

八条宮家の別荘として江戸初期に造られた桂離宮は、心字池を中央とする周りに茶亭や書院を配置した回遊式庭園です。趣向をこらした建築群が並んでいるのですが、その中の古書院に観月のための月見台があるのが特徴です。

もともと、桂は古来より月の名所と知られた、数多くの歌人に詠まれている風光明媚な場所であり、伏見の指月と共に、平安時代に貴族の別荘地として開発されたところでした。

桂川のほとりにあるこの土地は、源氏物語でとりあげられる光源氏の別荘「桂殿」の跡地になります。光源氏の別荘が実在したわけではありませんが、そのモデルとなった藤原道長の別荘「桂家」がありました。そして、千年前のこの別荘の始まりから、道長の血統である近衛家相伝の別荘地であり続けましたが、15世紀には所在不明となっていました。

f:id:kouhei-s:20190222230102j:plain

創建者の八条宮智仁(としひと)親王はこの場所を探し求め、ついに発見し土地を手に入れました。まさに、王朝時代の世界を再現するには絶好の舞台だったのでしょう。親王がこの別荘造営に情熱を注ぐことになるその背景には、二十歳までの波瀾にみちた青年期の経験が大きく影響していました。

智仁親王は後陽成天皇の弟であり、6人兄弟の末っ子なのですが、知能レベルが多くの兄弟の中でも極めて突出していました。そこを見出していた豊臣秀吉は、親王に関白を継がせようと養子に迎え入れます。しかし、翌年に鶴丸が生まれた為に、豊臣家のあと継ぎは鶴丸になり、秀吉は八条宮家をつくり親王を独立させたのです。

そして、1598年に後陽成天皇は譲位の意向を示しますが、この時二十歳だった弟の智仁親王に皇位を譲ることを強く望みます。しかし、秀吉亡き後、権力を握っていた徳川家康の猛反対にあいます。豊臣家とのつながりが深く、その上、知略に長けて人望の厚い親王を皇位に就ける事は避けたかったのでしょう。その結果、親王の即位は取り消され後水尾院天皇がたてられました。

f:id:kouhei-s:20190222230247j:plain

幕府側に翻弄される智仁親王でしたが、皇位に就くことを親王はべつに望んでいなかったのかも知れません。親王は学問文芸の世界に深く傾倒し、和歌や連歌・書・香・茶などの諸道にも、非常に造詣が深い人物でした。その才能を発揮させるには、桂離宮のような場所が必要だったのでしょう。そして、その思いが親王に桂離宮の基礎を造らせることになり、それは息子の智忠(ともただ)親王に引き継がれたのです。この完成した桂御所は、日本建築のシンボル、極致であると語りつがれています。