知恩院    大晦日につかれる巨大な鐘と日本最大の三門

f:id:kouhei-s:20181230210648j:plain

1922年、物理学者のアインシュタインは、知恩院の鐘の中に潜り込んでいました。
日本最大級の大きさといわれる知恩院の梵鐘。一度つくと、その音の余韻は20分近く続きます。ですが、鐘の真下に立つと、不思議なことにその音が消えて聞こえなくなるといわれています。アインシュタインはその話を聞いて、みずから鐘の下に立って実験したいと希望しました。そして、鐘の下では音波が相殺されて音がかなり小さくなることを実証し、おおいに満足して帰国しました。

この巨大な鐘は、口径2メートル74センチ、高さは3メートル33センチもあります。
晦日につかれる除夜の鐘の光景は有名ですが、鐘をつくのはかなり大変で、総勢17人で大きな掛け声とともに、呼吸をひとつにしてつきます。タイミングをあわせるのが難しいため、一週間くらい前に公開予行練習がされます。

そして、知恩院といえばやはりこれも日本最大の三門です。
徳川秀忠の寄進によって、1619年から3年かけて造営されました。屋根瓦の曲線が、独特の美しさを表現していて、その威容に圧倒されます。三門とは、仏教における三つの解脱の境地で、「空・無想・無作」の三解脱門の略称です。三門は、ふつう禅宗の寺院にあるもので、浄土宗の知恩院にあるのは珍しいと言えるでしょう。

知恩院の三門は、南禅寺の三門よりもまだ2メートルも高く、実際に上がってみるとわかりますが、まるでデパートの屋上です。
南禅寺の三門に石川五右衛門が上がって「絶景かな、絶景かな」と言いましたが、もし、石川五右衛門知恩院の三門に上がっていたら、あまりにも高いので無口になっていただろうと言われています。