高山寺 国宝「鳥獣人物戯画」はなぜこの寺に伝わったのか 

f:id:kouhei-s:20181129205044j:plain

 

高山寺は京都にある世界遺産のひとつで、人里離れた栂尾の地にあります。
高山寺には石水院という国宝がありますが、これは明恵という僧の住房だった建物です。1218年に後鳥羽上皇から学問所として贈られたものを明恵が高山寺に移しました。建て替えや改造は行われていますが、床柱や柱、梁などに古材をそのまま利用した部分が遺されている建築です。

そして「鳥獣人物戯画」は精巧な複製が作られ、この石水院に展示されています。
この作品の作者は天台密教の高僧である覚猷(かくゆう)だと言われていますが、美術史家の間で様々な異論が出ています。

・覚猷のもとで図像の模写をした絵仏師との合作説

・絵仏師ではなく宮廷絵師との合作説

・覚猷の系譜に属する他の画僧の作品説 など

 

f:id:kouhei-s:20181129205400j:plain

覚猷はすでに明恵の生まれる30年前に亡くなっていて、高山寺は明恵が居住するまでは有名な寺ではありませんでした。とすれば、なぜ「鳥獣人物戯画」がこの高山寺にあるのでしょうか。

美術史家たちの中で有力な説があります。それは、この作品は高山寺の古文書の記録から、鎌倉中期の仁和寺の僧である法助が秘蔵していたという説です。

法助は摂政・関白の九条道家の息子で、母親は西園寺公経の娘です。九条道家と西園寺公経はともに明恵の崇拝者でした。法助が明恵十三年忌の法要に来た時に「鳥獣人物戯画」を寄付したのではないかと推論されています。

「鳥獣人物戯画」の甲巻で、題材になっているのは貴族と高僧たちのストーリーです。公家たちが左右に分かれて弓矢で的当てを争う行事が描かれていますが、弓を射るのはウサギとカエルです。これを見た人達は、このウサギは誰々のことで、このカエルは誰々のことだと分かって見ていました。そして皆で大爆笑していました。

それはこの絵によって、ばかばかしい宮廷や寺院の争いを、笑いものにしてやめさせようとした覚猷の風刺がきいた作品でした。でも、そこには笑いものにするだけではなく、慈悲の心が隠れていました。「そこに愛はあったんだね。」ということです。

ウサギもカエルも滑稽であるが、そこにはそういう動物たちを温かく見る作者の目があります。だからこそ、この作品は人々に愛されたのです。