三十三間堂  千手観音に守られた奇跡のお寺

 

750年前から保存されている仏殿

f:id:kouhei-s:20180821212753j:plain

蓮華王院三十三間堂は、長さ125mの仏殿の中に1001体の千手観音像が整然と並ぶ国宝の宗教建築です。
後白河院が、住んでいた法住寺殿の中に、平清盛の力を借りて長寛2(1164)年に建立しました。観音の力で、人々が救われる浄土をこの世に作ろうとしたからです。

千手観音の正式な名称は、十一面千手千眼観世音菩薩といいます。
つまり、千の眼をもって世の人の苦難を見、千の手をもって世の人の苦難を救う仏です。人々が救いからもれてはいけないので、なるべく多くの手、すなわち千の手を持っています。

観音は33の姿に変身して現れ人々を救います。そのゆかりからお堂の内陣の柱の間数が33あり、三十三間堂と呼ばれるようになりました。
内部は極彩色の文様で彩られ、外部の柱や梁(はり)も朱で塗られた色鮮やかな建物でした。

ですが、建長元(1249)年に炎上し跡形もなくすっかり焼けてしまいました。
中にあった仏像は、千手観音像156体と二十八部衆が救出されました。その後に後嵯峨院が文永3(1266)年に再建します。その時協力したのが九条道家と仏師湛慶です。

再建された三十三間堂は現在まで約750年保存されています。東山七条という都の中心地にありながら、建物が守りぬかれてきた事はまさに奇跡と言えるでしょう。

 

千手観音一千一体

1001体ある観音像ですが、この内、運慶(うんけい)と、子であり弟子である湛慶(たんけい)の作が120体入っています。そして、本尊の千手観音座像は湛慶作です。残りの諸仏は、康円(こうえん)、康清(こうせい)など、南都仏師団が総力をあげて制作しました。

1001体の千手観音像はやはり数の信仰からでしょう。
この時代には、仏像は一体造るよりも多く造れば造るほど功徳が高くなると信じられていました。